忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トルトゥーガ / ルドルフォ・アナーヤ

tortuga.jpg

チカーノ文学最大の作家の代表作。

舞台は砂漠のなかの重度身体障害児施設。

ギャング抗争で傷つき、四肢が麻痺して「トルトゥーガ」(スペイン語で亀)と呼ばれる少年の癒しと「再生」の冒険活劇。

拍手[0回]

バカの壁

 『バカの壁』を、3年ぶりに読んだ。

不思議なことに、3年前に感じた事と、今感じる事はかなり違う。

本(情報)は変わらない、だとすればわたしが変わったんだろうな。

成長したということかな、だといいな。

**メモ**

p53

ヘラクエイトスは「万物は流転する」と言いました。

・・・昨日の寝る前の「私」と起きた後の「私」は明らかに別人ですし、

去年の「私」と今年の「私」も別人のはずです。

しかし、朝起きるたびに、生まれ変わった、という実感は沸きません。

これは脳の働きによるものです。脳は社会生活を普通に営むために、

「個性」ではなく、「共通性」を追求することは既に述べました。

・・・では、逆に流転しないものとは何か。

実はそれが「情報」なのです。

・・・彼に「あなたの”万物は流転する”という言葉は流転したのですか」と聞いたら何と答えるのでしょう。

//「情報はどんどん新しくなる」それが現代人の思うことだ。でも実際は増えていっているだけ。わたしがなんでいちいち情報を集めたくなるのか分った。

Today is the first day of the rest of your life

p71

同じ人間が同じ言葉を同じように発音したつもりでも、

インクの乗り具合同様、やはりどこかが違うのです。

しかし、我々はそれを同じリンゴとして、全員が了解している。 

私の知る限り、この問題を最初に議論したのがプラトンです。

彼は何と言ったかと言うと、リンゴという言葉が包括している、

全てのリンゴの性質を供えた完全無欠なリンゴがある。

それをリンゴの「イデア」と呼ぶのだ、と。

・・・つまり、言葉は意識そのもの、それから派生したものなのです。

p74

「机の上にリンゴがあります」というときに、

英語では「There is an apple on the table」と言う。

・・・「机の上に何かあって、それが視覚情報として脳に入ってきたときに、私の脳みそで言語活動が起こった、リンゴ活動が起きた」

 そのときは「an apple」なんです。・・・

 では次に、その外界のリンゴを本当に手でつかんでかじってみます。

もしかするとそれは実際には蝋細工かもしれません。

ともかく、この時点でようやく実態としてのリンゴになります。

それが英語では「The apple」となります。

p108

アウシュビッツの強制収容所に収容されていた経験を持つV・E・フランクルという心理学者がいます。

・・・そうした著書や講演の中で、彼は一貫して「人生の意味」について論じていました。

そして、「意味は外部にある」と言っている。

p158

「ゆとり教育」とか「自然学習」といったものが盛んに唱えられるようになりました。

・・・私が関わっている保育園が、毎年1回、契約している芋畑に芋ほりに行く。

ある日、そこに言ったら、隣に同じような芋畑があって、

全部、葉っぱがしおれている。

そこのお百姓さんに、「あれ、何ですか」と聞いたら、

「お宅と同じで、幼稚園の芋ほり用の畑ですよ」

「だけど、全部、しおれているじゃないですか。どうしてですか」

「あそこの幼稚園の芋は、子供が引っ張ったらすぐに抜けるように最初から掘ってある。一遍、掘って埋め直してあるからしおれているんだよ」

バカの壁


2006.07.26 10:36:06

拍手[0回]

脳は眠らない / アンドレア・ロック (2)

P152

「のこぎりを引いて小さな棒を用意することから始めて、一カ月がかりでマウス用の迷路をを作り、それから10日間ぶっ続けで、マウスの脳活動を24時間記録しました。すると学習によって迷路をすばやく走り抜けられるようになったマウスは、レム睡眠が大幅に増えたんです。覚えないマウスには、そうした変化はみれませんでした」

//ジュヴェ

P181

ニューヨークの地下鉄から貿易センタービルの近くのとおりに出たとたん、炎上するビルから人が次々に飛び降りる光景を目撃した女性は、その後何日も同じ場面を夢に見てうなされた。

しかし数週間後、トラウマ反応が収まるにつれて、やはり夢は変化した。

ビルから落ちる日と足りをなすべもなく見ているのではなく、パラシュート代わりにカラフルなかさを差し出してみんなを救うという内容になったのだ

//『The Cell』は、患者の夢の中に治療者が入っていく。

そこで夢のストーリーを変えていくのだ。もしかしたら、これが現実に可能になる日はくるのか・・・・・

P209

1965年の5月のある朝、ポール・マッカとニーが目を覚ますと、頭の中に音楽が流れていた。

そうだ、夢を見たのだ。夢の中でもクラッシックの弦楽アンサンブルの演奏で同じメロディーが流れていた。それはとても心にしみるメロディーだった。

マッカートニーは起き上がって、ベッドのそばにあるスタンドピアノでその曲を弾いてみた。

・・・マッカートニーはその曲のタイトルを調べてみたが、あちこち探しても見つからない。人に聞かせると、誰も聞いたことがないという。それどころか、メロディーの感じでは、君が作った曲のようだといわれる。

それでも、マッカートニーは夢の中で曲想を得たなどとはどうしても信じられなかった。

だから、そのメロディーに遊び心でナンセンスな歌詞をつけてみた―スクランブルエッグ、ああ、ベイビー、君の素敵なレッグ・・・。

自分のオリジナルだとようやく確信が持てると、マッカートニーはこの曲の仕上げに没頭し、ついにまともな歌詞をつけた。できあがったのが「イエスタディ」だ。

P216

たとえば、イライアス・ハウがミシンの発明にとりくんでいたときのこと。

機械に固定した針が簡単に布地を通るようにするにはどうしたらいいか途方にくれた。

・・・ハウは体に菜食を施した未開の部族に取り囲まれ、処刑される夢を見た。部族の戦士たちは槍を手にしていたが、見るとその槍にはとがった先端に穴が開いていた。

P256

山道を登っていた。何キロも歩き続け、深い峡谷にかかる幅の狭い橋に差し掛かった。下を除くと、渡るのが怖くなった。いっしょに歩いていた仲間がいった。「わたりたくなければ、わたらなくてもいいんだよ。今来た道を引き返せばいい」

彼が指すはるか先に延々と続く迂回路が見えた。遠回りをするのは大変そうだ。そう思った。

夢であることに気づけば、橋をわたるのはこわくないはずだぞ。自分がそう思っていることに気づいたとたん、私の夢は明晰夢になり、恐怖は消えて、私は橋を渡りきった。

P258

レム睡眠はもっともドラマティックな意識の変化を垣間見せてくれるが、そのほかにもさまざまなときに意識の状態が移り変わる。

たとえば新聞を読んでいるとき。記事の半分くらいまで来て、何を読んでいたか、さっぱりわからないと気づいたら、おそらくあなたの脳の中ではノルエピネフリンとセロニン・レベルが下がり、アセルコリンが急増したのだろう。

それによって頭がぼんやりし、白昼夢の中にさまようと、ハーバードの神経学者スティックゴールドは説明する。

「つまるところ、これが正常という意識の状態はない。起きているときは、睡眠中よりも正常なのではない。集中しているときがぼんやりしているときより正常なわけでもなければ、冷静に落ち着いているときが、興奮してわれを忘れているときよりも正常というわけでもない。どういう意識の状態が必要かは環境によって代わる。私たちの体は環境の変化に対応するため、臨機応変に状態を変えなければならないのだ。」

P269

たとえば、私たちの眼球は平均1秒に三回のペースで動く。これほど激しくぶれるカメラで捉えた画像を見せられたら、乗り物酔いの状態になるだろう。

脳には画像のぶれを修正する機能があり、そのおかげで私たちの見る世界は揺れ動かないのだ。

それだけではない。私たちが意識していないところではるかに大きなスケールの視覚識操作が行われている。

神経科学の最近の研究を生き生きと紹介したカルフォルニア大学サンフランシスコ校の眼科教授トーマス・B・チェルナー著『心の棲である脳』によると、眼球の後ろにあるニューロンの薄い膜、網膜は、目に飛び込んでくるエネルギー粒子、光子をキャッチするパラボランティアの役目をし、電気的な信号を送り出す。それによって資格認識のプロセスが始まる。

しかし、網膜から送られる伝記的な信号が、たとえば窓の外を眺めているときに見える光景を作り出すわけではない。

目にとって、世界はばらばらの光の点からなる、意味のない二次元的なモンタージュ画像に過ぎず、言ってみればスーラのような点描派の絵画を極端に顔に近づけてみたときのようなかんじである

さらに厄介なことに、ものを見るときには常におよそ1秒の20分のの1ほどの時間差がある

しかも私たちは、「網膜に入ってきたすべての光の点を見るわけではなく、脳が興味深い、重要だと判断したものだけを見る」と、チェルナーは述べている。

・・・約6割の男性は波長の長い赤の色素を認識できる遺伝子を持っている。だから、彼らが感じ取る色調と、残りの4割の男性が感じ取る色調は微妙に違う

P273

私たちの見る現実のイメージは、実は記憶に蓄えられた情報に大きく依存している。

・・・生まれたばかりの子猫を視覚皮質の発達の臨界期(その時期まで発達しないと、永久に機能が失われてしまう)まで、横線のまったくない世界で育てる。

その猫の脳に刻まれた世界像には横線が存在しないので、とおり道に水平棒を置くと、猫は棒などないかのようにまっすぐ進み、棒に衝突してしまう

P274

(//脳の活動の98or95%は無意識に行われている)この脳の中の優秀な働き、私たちの意識やコントロールが及ばないところで、私たちの活動を支持している神経を、コッホは「ゾンビ・エージェント」と呼ぶ。

P288

ここ数年、カートライトは裁判所などから専門家として呼ばれ、パラソムニア患者を調べる機械が何度かあった。

この種の患者は、徐派睡眠からレム睡眠中の夢見の状態へとスムーズに移行できずに、最初の夢が始まる前にベッドからおきだしてしまう。そして深い眠りに陥ったまま、衝動的な過食から暴力行為まで、さまざまな行動を起こす




 2006.07.20 10:04:10

拍手[0回]

脳は眠らない / アンドレア・ロック

 

脳は眠らない

わたしにとって世界は不思議だらけだ。

これ以上の『不思議の国』なんて存在するのかと思うくらい。

 気づき始めたら早かった。

なんで物が見えるんだろう、から始まって、

なんでコーヒーカップに触れているといえるんだろうと思い、

わたしが見ているこの世界が本当の世界なんてどうしていえるのか、と考え、

そしてついに答えにいきついた。真実なんてわかりっこない。

 この過程を導いたのは、ひとつに哲学的な考え方があるが、

もっと強力なのは、脳や神経、認知に対する科学的な興味だったのだと思う。

最近はこのことをずっと忘れていたけれど、

この本を読んで改めてこういう過程を考えるときのあの感覚、

深い深い穴に落ちてしまったあの感覚を思い出した。

タイトルは、『脳は眠らない』だ。

夢と脳の関係の、最先端の研究と過去の研究を初心者にわかりやすくまとめている本だ。

皆さんには退屈かもしれないけれど、

このブログはわたしのメモ、ということで、印象に残った部分を次回の記事で長々と引用しておこうと思う。

興味ある人は読んでみてね。

P35

日照など環境からの刺激が少なくとも体内時計は「25時間の周期で」一日のリズムを刻み、起床と睡眠のサインを出しているが、年齢によってこの周期は変わるようだ

思春期には、必要な睡眠時間が8時間から10時間に増えるだけでなく、眠気を感じる時間が遅くなり、そのために朝寝坊になる。

P36

猫の脳の特定の部位、レム睡眠中に筋肉を弛緩させる部位を手術で切除したのだ。

すると、レム睡眠中の猫は、ぐっすり眠ったじょうたいのまま、起き上がって夢の中に出てきた獲物を狙ったり、敵を攻撃したりした。

この追跡行動の真似事は、時には3分ほど続き、その間猫はまったく目を覚まさなかった。

このことから、レム睡眠は生存のために必要な行動イメージの練習に役立っていると、ジュヴェは考えた

//『マトリックス』の中で、シュミレーションでカンフーをやるシーンがある。あれも脳の中でのイメージ練習だ

P41

「自分たちの目の後ろに驚くべき神秘があるのに、宇宙の神秘に気をとられているなんでばかげていると、私は思った。」と、J・アラン・ボブソンはメイン州の湖畔で過ごした10台の夏を振り返る。

「わたしを魅了してやまないのは、広大な宇宙のイメージを作り上げ、さらにはそのイメージにロマンティックな感情まで抱く心の動きだった。」

P47

ボブソンとマッカーリーによれば、自分が夢を見ていることに気づくには、判断力が働かなければならないが、夢を見ているときにはこうした判断力や、夢の内容を性格に記憶する能力は低下している。

なぜなら、とりもなおさずレム睡眠中には、判断や記憶に必要な2つの神経伝達物質が不足しているからだ。

つまり、私たちが夢を忘れてしまうのは、記憶に必要な神経伝達物質が足りないからで、フロイトが言うように、自己検閲の意識が強く働いて、タブーとされる欲望を制圧しようとするからではないというのだ。

P53

意識のあらゆる状態はそれぞれの地点でのニューロンの活動で完全に説明できると考えていた。

ボブソンに言わせれば、物質を超越した”心”などというものは存在しない

P59

アントロバスによると、人は普段よりも寝坊したときに、非常に鮮やかな、記憶に残る夢を見て、他人にその夢の内容を話す傾向がある。

 

アントロバスはこうした夢を”スーパードリーム”と名づけた。

スーパードリームを見るのは、体内時計の刻む時間が書く政治に近づいているときで、脳内の多くの領域が活性化されつつある。

この時間帯の夢の報告は、レム睡眠中カノンレム睡眠中かを問わず、普通の夢よりも明るく鮮明な視覚的イメージを伴い、普通の夢よりも詳細で長い。

夢がレム睡眠のみに関連したものなら、こういう現象は起きないはずだ』とアントロバスは述べている。

P86

ソームズの患者の一人に自動車事故で前脳基底核に損傷を受けた31歳の男性がいた。

この男性は、より鮮やかな夢を見るようになったばかりか、恐ろしい夢から覚めて、めざめたはずなのに、まだ夢が続いているという、まさしく悪夢のような体験をするようになった。

p118

人間の夢は、行動戦略を設定したり、修正したり、参照したりする、乳幼児期から行われているニューロン活動をのぞき見る窓のようなものだ」と、ウィンソンは述べている。

p119

ウィンソンの仮説をふまえて、レポンスオは次のように述べている。

人間の夢は、恐ろしい出来事を安全な状況で趣味レートする手段として進化した。いわば睡眠中の脳が作り出すバーチャルリアリティー(仮想現実)である

ホモサピエンスやその祖先が何十万年にもわたって狩猟採集生活をしてきた有史時代(このような時代が人類の進化の歴史の99%を閉める)には、人々の生存を脅かすさまざまな危険に日々遭遇していた。

P121

ウィンソンによれば、夢は覚えておくものとして作られていない。私たちが夢を思い出すのは、本当は見てはいけないオフライン状態の脳をちらっとのぞきみるようなものだ

・・・人間は言葉を持っているから、夢に見た出来事と覚醒時に起きた出来事の記憶を区別できる。

・・・「たとえばあなたの猫が、隣家の獰猛な犬が死んで、代わりにねずみが買われているという夢を見たとする。目が覚めたときに、猫がその夢を覚えていたら、どうなるか。夢を走らず、猫はご馳走があると思ってフェンスを飛び越える。そこに待ち受けているのは凶暴な犬だ」

P134

神経学者のアントニオ・ダマイオがその著書『無意識の脳 自己意識の脳』で述べているように、「私たちの脳には、たとえばハンマーという見出しがあって、その跡にハンマーとは何かをきちんと説明した辞書のような定義が書かれているわけではない」。

そうではなく、ハンマーにまつわるこれまでの経験がばらばらに記憶されているのだ

//だから夢が支離滅裂なストーリーになる

 

続く・・・




2006.07.20 10:00:59

拍手[0回]

僕はここにいる / Elizabeth Stone

僕はここにいる

 ある朝、突然届いた小包。

その中には、かつての教え子が書きためた15冊の日記が入っていた。

彼は「先生にこの日記を送って」と遺言し、この世を去っていたのだった。

「なぜ私に?」と思いつつ、ページをめくる筆者が知った衝撃の事実とは...。

 感想は以下。

拍手[0回]

Search

Loading

月日

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR