忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨月物語 / 溝口健二

雨月物語
雨月物語

ようやく観ました、溝口健二の『雨月物語』。
53年ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した作品です。

戦は人を変える・・という話から、男女の愛憎を描き出しています。

拍手[0回]

溝口健二の、おそらく最も絶賛されている作品なので、わたしがどうこう批評することはありませんでしょう(笑

ただ、カメラワークがすごい良いのだろうなぁ、ということと、
すっごい日本らしい幻想的、かつ官能があふれまくっているなぁ、ということ

を、痛く感じました。


モノクロなのに引き込まれる。
怪しい世界にずりずり引きずり込まれているって感じ。
京マチコが恐ろしく色っぽい。


デモネ、
どうも今の時代に生きるわたしには、この映画に登場する女たちには共感できにくいと感じた。

なんでこんなバカ男のために女が死ななきゃいけないわけ?!
襲われたくないならそんな女らしい転び方するな!

と、野次をいれたくなったのが正直な気持ち・・・

確かに作品自体はとっても良いと思う。
でも、こんな女性像を全面に出されちゃ・・なんか、日本女性としてやるせない感じはある、かな。

でもでも、溝口健二は底辺の女性たちを描くというから、そこらへんも解っているのかしら。
というかあの時代、そんなことそもそも言ってられないよね。


けど女だっていつでも寛容に男を受け止める、男にとって都合の良い存在じゃない。
なかなか小気味が良かったのが若狭様の乳母?のこの台詞w


男は一端の過ちで済もうが、女は済まん!!!!


ですってよ、男性諸君、よく肝に銘じておきなされw

メキシコでも泣き女っていう霊がいるけれど、女は特に霊になるとレヴェルアップする。

そういえば(このブログには書いていないけれど)この間『若冲と江戸の絵画展』を観てきた。
その展示の一つに、雪の中にずど~んと佇む女の幽霊図があったなぁ。

それが、もんのすごい怖かったのを覚えています。

Comment

無題

  • トモヒコ
  • 2006-12-18 14:04
  • edit
ついに見たんですね、溝口映画(笑。
溝口さんは、おっしゃられている疑問はちゃんと分かっていたはずですよ。だからこそ、こういう映画を撮り続けたんだと思います。
男も女も、そのまんま。
何も言わずに見せるだけで怒りや憤りがこみ上げてくるんですよね。
それが、溝口さんのリアリズム。
「山椒大夫」も是非、是非オススメです。
でも上映日に問題ありか?
その日はお忙しいのでは(笑?

無題

  • ゆーじ
  • 2006-12-18 18:51
  • edit
黒澤明監督「蜘蛛巣城」を
見てほしいなぁ。

“顔”
がすごいから。

+トモヒコさん+

  • mizusiki
  • 2006-12-18 18:52
  • edit
ついに見ました!溝口映画
でもフィルムセンターには、どうしても都合が合わず行けなかったのです。だからビデオを観ました。せっかく教えていただいたのにスミマセン・・・

なるほど、やっぱり溝口さんはやっぱり全て計算済みなんですね!ひゃ~
まんまとハマってしまったぁ。
「山椒大夫」もチェックしてみます★

上映日・・・
クリスマス・・?
問題・・・
ないです、かなしや~!
この哀れオナゴと一緒に観にいってくださいよ
って、トモヒコさんこそ忙しいか。
はぁ・・・痛いとこつかれたーくそーくそーくー

+ゆーじ+

  • mizusiki
  • 2006-12-18 18:56
  • edit
あら!
来てくれたんだ~サンキュウ~
mixi日記より更につまらん内容かもしれないけれど…まぁよろしくねっ!

「蜘蛛巣城」ですか。
名前はよく聞くねぇ。
今度観てみるよ、ありがとー♪

ゆーじは日本映画が好きなのかい??
いっぱい情報教えてね~

無題

  • トモヒコ
  • 2006-12-18 20:05
  • edit
なーんだ、ビデオか!あの妖艶さは暗い劇場で観るとまた凄いですよ。
山椒大夫は是非劇場で(もし溝口映画お好きならですが)。
日時はイヴの14時じゃなかったかな?
ご一緒したいですが、その日は締め切り前日大嵐の予定です(涙。
また、改めて、是非(笑。

トモヒコさん

  • mizusiki
  • 2006-12-18 22:42
  • edit
でしょうね、やっぱり映画は劇場ですよね。あぁ・・14時かぁ!
う~ん、ちょっと厳しいなぁ。
行ける機会に行きます。

クリスマスなのに、締め切り前なのですか!師走ですね。
頑張ってくださいね!
ノロウィルスに負けないよう!!

また何かおすすめあれば教えてください。ご一緒しまーす。

世にはびこる

  • 現象
  • URL
  • 2006-12-31 13:30
  • edit
コメント&TB失礼します。
よく肝に銘じておきますw
古い邦画を見ていると大体において、
女性の地位の低さを感じます。
どこか心苦しいような。
ただいつの時代も女性は尊く強い印象も感じます。
バカ男もまた普遍ではないでしょうか。

現象様♪

  • mizusiki
  • 2007-01-02 21:48
  • edit
明けましておめでとうございます、現象さん☆
コメント、トラバありがとうございます&レス遅れて申し訳ないです。

えぇえぇ、肝に銘じておいてくだせいよw

そうですね。女性って弱く描かれますけれど、最終的には、なんというか・・・でっかいですよね。雨月物語でも後は人間を超越してしまっているしw
わたしもそんな女になるか・・・でも死ぬのはイヤ。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

雨月物語@フィルムセンター

  • 雨月物語@フィルムセンター
  • URL
  • 2006/12/31(Sun) 13:27
田舎の百姓暮らしは常に苦しい。時は戦乱で治安も悪い。金が人を変えると宮木は言う。その夫の源十郎は陶器で商いを始め、それが当たって執着心が出た。源十郎の妹・阿浜も今の生活に満足していない。阿浜の夫・藤兵衛は都で武士となって一旗上げることを夢見ていた。宮木の憂いは

Search

Loading

月日

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR