忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メディア / 蜷川幸雄

蜷川幸雄×大竹しのぶ メディア

古代アテナイの三台悲劇詩人の一人、エウリピデスの『メディア』の舞台を撮影したものです。
あらすじはこんな感じ。

コルキスの王女メディアは夫イアソンと共に互いの故郷を捨ててコリントスで暮らしていた。
だが、コリントス王クレオンが自分の娘婿にイアソンを望み、権力と財産に惹かれたイアソンは妻と子どもを捨てて縁組みを承諾する。

怒りと悲しみに暮れるメディアの元に、クレオンから国外追放の命令が出る。一日の猶予をもらったメディアはイアソンとクレオン親子への復讐を決意する。

アテナイ王アイゲウスを口説き落とし、追放後の擁護を約束させたメディアは、猛毒を仕込んだ贈り物をクレオンの娘の元に届けさせ、王と王女を殺害す る。更には苦悩と逡巡の果てに、幼い二人の息子をも手にかける。すべてを失って嘆き悲しむイアソンを尻目に、メディアは息子たちの死体を抱き、竜車に乗っ て去っていく。

引用:Wikipedia

感想は以下に。

拍手[0回]

わたし、今まで大竹しのぶのことをそんなに知りませんでした。
彼女の演技といえばきっと、いつも醸し出している、あののほほんとした感じなんだろうなぁ、と考えていました。

でもこの舞台のDVDを観て、大竹さんを観る目が180度変わりました!!


このメディアという女性そのものがかなり気性が激しい、でも知性溢れる人物なんですが、
わたしがイメージするメディアをはるかに超えたメディアを大竹さんは演じていました。

侮辱しているわけじゃなくて、本当に目がいっちゃっているのです!
あの小柄な体すべてをつかってメディアの怒りと悲しみと愛を表現しているという感じ。
真っ白い肌がぼわ~~っと浮き出ています。


舞台を生で見たらもっと迫力あったのだろうな。
でも舞台だったらあの目はちゃんと見れないしな。


とにかく、彼女は

イアソンとの愛のために、彼の父の異母兄弟をその娘に殺させ、メディア自身の手で彼女の弟を八つ裂きにして海に捨て、故郷を捨て、王とその娘を殺し、そしてそして、自分の息子二人までも刺し殺した・・・・

メディアでした。

メディアは嫌われ者の魔女なんですけど、ここまでくるとなんていうか、逆にかっこいい感じがしました、わたしは。
最後は見事、神の協力を得て逃げ延びるし。
殺された人は本当に本当にお気の毒だけど、女を舐めるとこうなるのさ!わはは・・・と、心の中でほくそ笑みました。

文学的批評はさっぱり分かりませんが、ギリシアの劇に興味のない人でも十分楽しめる・・・というか、集中できると思います。

メディアを取り囲むコロスのみなさんの渾身の演技もすごかったです。
美術も水や蓮が活かされていて、すごくよかったです。

Comment

お久しぶりです~^^

舞台「へレンケラー」を観ましたよ
サリバン先生・大竹しのぶ、ヘレン・菅野美穂でした。
食事のシーン、ふたりの演技は凄まじかったです。感動!
ふたりとも「女優」なんだ、「舞台」が似合うなぁって思いました。
ぜひ、舞台でも楽しんでください♪

「皇帝ペンギン」、わたしは去年レンタルDVDで見ました。
ペンギンは偉い!凄い!立派!…そして可愛いぃぃぃ~~~(*'▽'*)♪

「二十歳の原点」懐かしい、夫が本棚に持っていたので読みましたが、数年前図書館のリサイクル本に出しちゃいました。
たしか「続・二十歳の原点」もあったと思う…

わたしのHP・ブログは休眠中ですが、ときおり覗かせていただいてます
暖冬とはいえインフルエンザもこれからだそうです、ご自愛くださいね。

mike*さんへ

  • mizusiki
  • 2007-02-02 12:23
  • edit
お久しぶりです!!
きてくださってありがとうございます~☆

菅野美穂と共演したんですか!
わたし、菅野ちゃんも大好きですよ。役者って感じなとこが。ぜひチェックせねば。

ペンギン凄いですよねぇ。
鳴き声にはやられました。

20歳の原点に続なんてあるんだ!!
え・・でも・・亡くなっているのに?

早くHP、ブログ、復活させてくださいねぇ。

おはようございます。

  • mike
  • 2007-02-03 10:40
  • edit
>え・・でも・・亡くなっているのに?

そうですよね~
死の前と後じゃ大違いですもんね~(笑)

変だと思って夫に聞いたら(2冊とも夫の本だった)、これまた本の名前を覚えてない…
確か死の前の話だったと言います。

で、ネットで確認!
そうしたら「続」ではなく「序章」でした。
本の表紙にも見覚えがあります。
でも、内容はまったく覚えてないおばさんでした~
わたしにとってはお姉さん世代の話で
共感できたかどうかも忘れてしまったけれど
興味があったら読まれてはどうでしょうか...



mike*さんへ

  • mizusiki
  • 2007-02-03 11:38
  • edit
なるほど、序章ですか・・
でもきっと、先に出たのは序章じゃなくて死のほうでしょうね。

わざわざ調べてくださってありがとうございます!
是非読んでみます!!
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR