忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バベル / アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

バベル

遠い昔、言葉はひとつだった。
神に近づこうとした人間たちは、
天に届く塔を建てようとした。
神は怒り、言われた。
”言葉を乱し、世界を分けよう”。
やがてその街は、バベルと呼ばれた。

(旧約聖書 創世記11章)

おすすめ度:★★★★☆

菊地凛子さんのアカデミー賞助演女優賞ノミネートで話題になった映画、『バベル』を観てきました。

映画はモロッコで銃撃されたアメリカ人の妻とその夫、
その犯人の少年と家族、
夫婦の子供とその乳母であるメキシコ人女性、
そして事件に使用された銃の持ち主である日本人男性と聾唖の娘。

この四つのお話が入れ替わり、立ち替わり、映画は進行していきます。

わたしは良い映画だと思いますが、エンターティメントではありません。
それとアメリカにわたる不法労働者のメキシコ人など、予備知識がないとよくわからないところがあると思うので、注意です。

拍手[0回]

ボーダーというのは、ふたつある。
地理的なボーダー、そして心のボーダー。

世の中はグローバリゼーション。
ボーダーレスの時代といわれるけど、実際は、どこまでボーダーがなくなったのか?


発展途上国に観光に行く先進国の人々。
いざその国に観光ではなく立ち入ってしまうと、不意に恐怖を覚える。

そこで銃撃があったら、国同士の関係は瞬く間に崩れ、過敏になり、ボーダーが蘇る。
イラクとアメリカのように。


メキシコ人が今もっている文化。
映画に出てくるけど、鶏を生きたままクルクルまわして首をちょんぎり、首なしの鶏を子供たちが追っかけまわすとか。
いざ目の前で見せ付けられると、ものすごいカルチャーショックをうける。
それは欧米人にとっては「野蛮」にしかならない場合が多い。
そうやってチャリティーの歴史は作られたんだろうと思う。


どんなに友達ときゃあきゃあ騒いでも、満たされたない心。
見て欲しい、分かって欲しい、聞いてほしい、といつも願う。
食べても食べても、物足りない。分かち合えない。
それが、障害を持つ人なら尚更なのかもしれない。



最後に印象的なシーンがふたつあった。

ひとつは、風に立ち向かうモロッコの兄弟。
彼らをもとの場所に引き戻そうとするものはなんだろうか。

それから、都会のど真ん中で全裸のチエコ。
彼女は天使に見えた。
曝け出すって、こんなに異質なものに見えるのか。




菊地凛子さんですが、ものすごい体当たりな演技です。
人によっては気分を悪くすると思います。
彼女の眼と唇、チエコの感情そのものという感じがしました。
日本はかなり登場しますが、日本をここまでリアルに描いたのは、監督はすごい。
ナンパしにきた男の子が、チエコに声をかけても気付いてくれないのに不安になって仲間たちの方を見る姿とか、ちょっとしたところにも今の日本が溢れている感じがしました。


アカデミー賞助演女優賞はもう一人ノミネートされています。
メキシコ人の乳母役、アドリアナ・バラッサさん。
こちらも女優魂を見せ付ける、体当たりな演技でした。
そうそう、もう乳母=黒人女性じゃないんだな、というのもハッとさせられました。




エンディングででた子供たちに向けた監督の言葉、
「暗闇の中の光」。

世界は完全な絶望ではなく、ほんの少し、ほんの少しだけ光がある気がして、世界のみんながそれを求めて進んでいくのだろうと思います。
・・・そう、思いたいのだろうと思います。


長くなりましたが、まだ書ききれないくらい。こんなにいろんな感想をもった映画は久しぶり。
全体的にみて、『クラッシュ』と構成というか、感じが似ている気がしました。
それに、先日読んだ『市場の中の女の子』。
ジャンルは全く違うけれども、こちらともメッセージが繋がっていく感じがしました。

これから観る人には、あまりかたくならず、リラックスして、素直に観て頂きたいなと思います。

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR