忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カポーティ / ベネット・ミラー

dra36877.jpg
http://www.sonypictures.jp/movies/capote/


トルーマン・カポーティの映画『カポーティ』を、10月30日に観て来ました。

トゥルーマン・カポーティは、わたしが大好きな『ティファニーで朝食を』の著者です。
その一方で彼は、『冷血』という四人家族を惨殺した犯人を追ったノンフィクション小説を書いてます。
冷血
この映画は、この本を出版するまでのカポーティとその犯人との交流の物語。

カポーティHP

拍手[0回]

トルゥーマン・カポーティ

カポーティを演じるのはフィリップ・シーモア・ホフマン。
ものすごい高い声と、くねくねした動き、それにいかにもゲイっぽい雰囲気を存分にだしています。


印象に残ったのは、

犯人とお喋りしていたカポーティが夫人から呼ばれ、
戸惑いながらも"Sorry"と言って夫人の所へ戻ったシーン。


彼は結果的に、犯人を仕事の材料として使ったわけです。
その犯人はというと、処刑される。
そしてトルゥーマンは自分がしたことを後悔するようになって結局ノイローゼになってしまう。
いつからカポーティは自分の罪を認めるようになったのだろう・・・
それがちょっと解りづらかった。


この映画の中には二つの世界があると思う。
いわゆる正常の世界と、犯人がいる異常の世界。
その間に挟まれているのがカポーティ。
だから次の台詞もすごく心に残った。



"It's as if perry and I grew up in the same house. And one day, he stood up and went out the back door. I went out the front "

『例えて言えば、彼と僕は同じ家に育ち、

彼は裏口から外に出て僕は表玄関からだった』




私的な話になってしまうけど、この台詞、すっごくよく解る。
多分わたしも、カポーティのように裏口からでていった友達を見てきた人間。
だからできる限り、そういう人たちの苦しみを取り除いてあげるのが使命だと思っている。

ほっとけない。  同類だから。

カポーティも少しは、そんな風に思ったんだろうか・・・

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR