忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

めぐみ―引き裂かれた家族の30年 / クリス・シェイダン、パティ・キム

061215_2043~0001.jpg

11月29日、渋谷シネマGAGAにて、『めぐみ―引き裂かれた家族の30年』を観てきました。

めぐみ―引き裂かれた家族の30年

もちろん「めぐみ」は横田めぐみさんの「めぐみ」です。
映画はめぐみさんが拉致された1977年11月15日朝から今日までの経過を、淡々と、でも力強く追っていきます。
感想は以下の通り。

拍手[0回]

お父さんの横田滋さんがめぐみさんが拉致されたことを、‘神隠し’という言葉で表現するのだけれど、画面はそこで、日本のあの霧に包まれた山を持ってきたりしています。 かと思ったら渋谷のネオン街を出してくるし。
音楽もほとんど和風なもので、頭の奥のほうに響くような音楽。
日本らしさをとにかく全面に出しているな~と感じました。

静かに激しく、という感じがしました。


それにしても横田さん夫婦って、稀なタイプなんじゃないかな。
どんなことがあっても、決して人を罵ったりはしないし。
脆い感じはするけれど、心の中にある信念は凄いと思った。

横田さんのような人の方が珍しいくらいで、ある被害者家族は自ら選挙にでる。
結局落選してしまうんだけど。
その行動力はすごくて、とても勇敢だと思う。
きっと政府なんか当てにならないって気持ちがあったのだろうと察する。

でも・・・あまりにも勢いが高まりすぎるとちょっと危険かもしれないとも思った。
小泉元総理が言ったように、拉致の問題も大切だけど核の問題も大切で、包括的に考えていくことが必要なんだと思う。 慎重にならなくては。
といっても、被害者家族からすれば、そんなことを言っている場合じゃない!という心情なのかもしれないけれど。


帰り際に横田さんへのメッセージを送るコーナーを見つけた。
ユナイテッド93』にも、こういうコーナーがあったんだよね。
やっぱり映画は人の情に直接訴えかけるのだろうなぁ。


それにしてもどうして日本では日本自身を描こうとする映画が少ないのだろうか・・・
この映画の監督も、日本人じゃないし。それともわたしが知らないだけ?

こういう映画が増えていってほしいなぁ。。。。
ていうか作りたいなぁ。。。

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR