忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつか森で会う日まで / 田口ランディ

  「自然を楽しむ」という事は、人によっては「ピカソの絵を楽しむ」

ということと同等だったりする。

作家、田口ランディさんも、そのようなことを考えたようです。

彼女はヘゴの樹を、岡本太郎の女神の彫刻と似ている、と思ったのだって。

 ランディさんは水俣病フォーラムでちょっとお話を聞いてから、

わたしの中で気になる人だった。

水俣で感じたことをとっても激情的に語る彼女を見ていて、

この人はどんな言葉の織り方をするのだろう、と考えていた。

 

 幸いなことに昨日、彼女の本に偶然にも出会った。

電車の中、ざっと一時間。一気に読み終えた。

この本は物語ってわけじゃないけど、エッセイというほど、自分を中心に置いていない。

舞台は屋久島だ。

学ぶことが多かったので、思いついたこと、気になった言葉をとりとめもなく記しておきます。



植物は人間の見方。

でも、私が最初に感じたことは、ちょっと違った。

そんなふうに、自分の側に引き寄せて植物を思えなかった。

この存在は、なにか違うものだ。とてつもなく違うものだ。

人間とは根本的に違うものだ。


わたしも、植物をわたしと同じ部類だとはなかなか思えない。

何か違う領域、彼らはその魂をどこか遠い聖域に置き残しているような気がする。

だから「地球にやさしく」とか、ちょっとわたしは賛同できない。

 

サンゴは樹と違って動物なのだけれど、かなり変わった動物だ。

自分の中に単細胞の植物をたくさん共生させていて、

その植物が光合成をして食べ物を作ってくれる。

だからサンゴは動き回ってエサを捕獲しなくてもいい。

ならば人間はなぜこんな面倒な仕組みの体を持っているのだろう。

サンゴみたいだったら欲のひとつがなくなって、

もうちょっと平和に暮らせるかもしれないのに。

 

悪女ヤマグルマに抱きつかれたヤクスギが

ぎゅうぎゅう締め上げられている図をいくらでも見かける。

でも、この二人の関係がどうなるかは、たぶん2百年くらい経たないとわからない。

 

その頃はランディさんもわたしも、そしてあなたもこの世に存在していない。

人間はなんて空しいのだろう。

恋愛ドラマのひとつも見届けられないなんて。

 

人間はどんどん森林を伐採してジャングルを消している。

植物は消えている。

それなのに酸素濃度の量は変わらない。

考えてみればとても不思議なことだ。

ニュースの一面に「酸素不足です!」なんて書いてある日は一度もなかった。

なんで?植物が必死にがんばっているのかな?

そもそも酸素がなくなっているなんて、気づく力を持っているのか?

アイヌの民族は一本の樹を切ったら新しい樹を植える。

そういう循環が、自然界の中でうまく働いているのかもしれない。

 

人間は女性の性器にこの花(蘭)のデザインを取り入れた。

カミ様の遊び心とセンスに脱帽だ。


そのスギは、とってもハンサムに見えた。

若くて、男らしくて、かっこよかったのだ。

ようするに、私は惚れてしまった。

びしょ濡れになるって、けっこういいんだ。

びしょ濡れになる快感って、ある。


海から陸に上がってきた生き物は、自分の内側に海を封じ込めた。

そしてのろのろと地上に現れた。

辛かっただろうなあ、海から上がった最初の生物。

ダイビングした後、タンク背負って陸に上がるとき、私はいつもそう思う。

重力の中を生きるって過酷だ・・・と。

人の体は70%が水。

「山が在って

その山のもとを

水が流れている

その水は うたがいもなく わたくしである

水が 流れている

水が 真実に 流れている

山尾 三省」


「地下鉄の

鉄骨にも

一本の電柱にも

ながれている血がある

そこでは

血は

立ったまま眠っている

寺山 修司」

ランディさんは14歳のときに寺山さんにファンレターを送って

「あなたには文才がありあます」と返事を貰ったらしい。

この詩は、生きる意味を失った人たちとリンクさせることができる。

森に入ると、不思議とわたしの血が騒ぐ。

わたしは自然を愛していて、

そして愛されたいと、心底、望んでいる。

いつか森で会う日まで




 2006.06.28 15:56:19

拍手[0回]

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR