忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『モダンガール論』 / 斉藤美奈子

モダンガール論

専業主婦と働く女性という二つの生き方は、どこでどう分岐したんだろう・・・という疑問から、この本は作られたようです。

欲望史観という見方で、明治の女性から平成のわたしたちへと・・
丁寧にわかりやすく時代に沿って追っていってくれます。

じゃあ、今のわたしたちはどうすりゃいいの?!っていう点がちょっとなかった気がするけれど、
かなりの情報を得ることができます。

以下はわたしにとって大切なところをメモしたので、必要ならばご参照あれ。

拍手[0回]

18
20世紀の初頭、明治30~40年代には「海老茶式部」の異名をとる高等女学校の生徒たちが注目をあびていた。
「海老茶」とは彼女たちが身に着けていた袴の色。そんなふざけた服で学校に通うけしからん娘たちだから「紫式部」ならぬ「海老茶式部」というわけだ。・・・・・・

 

・明治末期風女子学生の記号・・・・・・束髪&リボン(頭髪)・海老茶袴&靴(服装)・てよだわことば(「よくってよ」「いやだわ」「~なのよ)など

19
女学生の服装を、着流し(普通の着物)から、袴にも出るチェンジしたのは1898(明治31)年、東京女子高等師範(現お茶の水女子大学)付属高等女子学校が最初である。

この袴、性格には「行灯袴」とか「女袴」という。またの割れたパンツ式ではなく、すとんとしたスカート式に仕立てた袴のことだ。
当時の教育界には、女子にも運動させることが必要だという風潮が高まっていた。
行灯袴は球技をしても自転車に乗ってもすそが乱れず、といって股の割れた「男袴」とも違う画期的なアイテムだった。
活動的でしかもフェミニン。機能性に優れたこのスタイルは、かくしてあっという間に全国の女子学校に波及した。

26
女子教育目的として、そこには力強い一文が含まれていた。「賢母良妻たらしくるの素養を為す」 

近世までの女子教育会で幅を利かせていたのは「女大学」である。女大学とは、江戸後期から明治まで広く読まれた婦女子の為の教育書のこと。
とくに有名なのは1716年に出版された『女子大学宝箱』である。
「幼にしては親に従い、嫁にしては夫に従い、老いては子に従い」
の「三従」なんていうのも、中国の儒教道徳をもとにした女大学の教えである。

28

私はこう思う。良妻賢母思想は娘たちとその親たちに、進学の大義名分を与えたのだ、と。

175
ブルーストッキング

197
戦争は変化を求めていた人々の気持ちをパッと明るくした。
保守的で頑迷な昔風の女性ではなく、前向きで活発で近代的なセンスをもった女性ほど、戦争にはハマりやすいのですよ、みなさん。

223
1960年の所得倍増計画から73年の第一次石油ショックまでの期間を、一般的に「高度経済成長期」という。

227
こうした若い女性の事務員は、サラリーガール、BG(ビジネスガール)などと呼ばれ、かつての職業婦人同様、憧れとからかいの。的になった。

231
BGはやがてOL(オフィスレディ)と名前をかえ、今日にいたることになる。・・・

発端は、この年(1963年)、NHKの放送用語委員会が発表したことである。
「米国でBGといえば、売春婦、商売女のこと。悪い意味に取られるので、放送では使いません」
これに呼応した『女性自身』が、誌上でBGに変わる新名称を募集。
2万6000票もの読者投稿の結果、トップに輝いた新語こそ「オフィス・レディ」だった。
ちなみに、このときの候補にあがったほかの名称は、僅差で次点に甘んじた「オフィス・ガール」をはじめ、三位=サラリー・ガール、四位=キャリア・ガール、五位=ビジネス・レディ、六位=オフィス・ウーマン・・・・・。

257
彼女らにとって決定的だったのは、60年代末の学園闘争であった。
「革命さえおこれば、性差別なんて解消するのさ」と男たちはいっていた。彼女らもそう思っていた。
ところが、バリケードの中で女子学生がさせられたのは、ガリ切り、ビラまき、立て看板書きといった補助労働だけ。執行部に女は入れず、食事の世話や救護活動に回される。加えてセックスの相手。
冗談じゃないわよ。これじゃ主婦といっしょじゃないの!ていうか女って何?

日本のウーマンリブは、そんなふうにはじまったといわれる。
リブとは特定の運動体をさすのではなく、日本全国で同時多発的に生まれたグループ、あるいは個人の総称である。

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR