忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『くらやみの速さはどれくらい』 / エリザベス・ムーン

くらやみの速さはどれくらい
くらやみの速さはどれくらい


「正常」って何だろうか。
ずっとずっと考えてきたけど、よく解らない。

わたしは今まで「正常」になりたいと思ってきたけど、
当然の如くゴールが見えない。

拍手[0回]

この本の主人公ルウは自閉症の患者だ。
医者は、彼の自閉症を治そうと思っているのだろうけど、
自閉症じゃないルウは、ルウなのだろうか。
彼とは別人になってしまうのではないだろうか。

光よりも早く、暗闇に手を伸ばす力は、衰えてしまうのではないだろうか。

これはノンフィクションではないだろうけれど、
もしかしたら本当に自閉症患者はこんなにあらゆることを考えてから行動を起こすのかもしれない。

ラストがとても曖昧になっていた。
ハッピーエンドとはいえないと思う。
そんなラストで、わたしの心はまたゆらゆら揺らされる。

+引用+

p11

私はレーザーガンを使う戦闘ゲームが好きだったけれども、初めての面接でそのことを話したら、彼女は"暴力的性向"と記した。

p120
「暗闇は光がないところのものです」とルウは言った。
「光がまだそこに来ていませんから、暗闇はもっと速いかもしれない―いつも光より先になるから」
「あるいは暗闇はまったく動きがないのかもしれない、なぜならいつもその場にあるから」とトムは言った。
p245
成長することも、生きることもすでにじゅうぶん厳しい。

・・・・神は事故を防いではくれなかっらが、それを起こしたわけでもないのである。
p294
銃身の外側は明かりに照らされていてちょっと光っているが、銃身の中は宇宙のようにくらい。暗黒の中から暗闇が私に向かって疾走してくる。

p309
・・・・夢の中の光は、光の記憶なのか、それとも別のなにかなのか?
p310
私はいつも、自分の疑問は誤った疑問だと思っていた。
なぜならほかのだれもそんな疑問はもたないからだ。
もしかするとだれもそんな疑問は思いつかないのかもしれない。
もしかすると暗闇がはじめにそこにたどりついたのかもしれない。
もしかすると私は、無知の深淵に触れtた最初の光なのかもしれない。

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR