忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女性性器切除(FGM)に関して


638086.jpg


 

 昨日は『母たちの村』という映画を神保町の岩波ホールで観てきました。

この映画のテーマになっているのが「女性性器切除」(Female Genital Mutilation = FGM)です。

映画のお話は次回に回すとして、ひとまずFGMについてお話しようと思います。

拍手[0回]

FGMはアフリカを始めとする様々な民族の伝統的な通過儀礼として、2000年以上も続いているといわれている現在進行形の慣習です。


 

対象となるのは主に生後一週間の赤ん坊から初潮前の少女で、時には結婚直前や分娩直前の女性も含まれます。
 

 内容は地域によって多少異なりますが、主に以下の通り。

1・クリトリスの包皮に切り込みを入れる。あるいはクリトリスの一部、または全部を切り取る。

2・クリトリスと小陰唇の一部、または全部を切除する。これが最も多く行われているタイプ。

3・クリトリスと小陰唇を切除し、尿と経血のためにちいさな穴を1つ残し、大陰唇を縫い合わせる。
 


 

これを「割礼師」と呼ばれる人が剃刀や鋭い石などを使って施します。

もちろん麻酔も薬もなし。

そのために、激痛や出血によるショック、感染症で死に至ることもあります。

無事に終わってもその後も精神的、肉体的な後遺症は深刻です。

尿道の閉鎖、裂傷、ろう孔(膣と膀胱、膣と直腸の間に穴が開いてつながってしまう)、性交時の激痛、性交為への恐怖、鬱病などが挙げげられます。


 

なぜこのFGMが執り行われるのか、主な理由としては
 

「伝統的な慣習だから」

「宗教的な儀式だから」

「女性の処女性と貞節を守るため(FGMを受けていないと結婚できない)」

「クリトリスは男性的特長(ペニス)だから女性には適切でない」

「女性の外性器は不潔で見苦しいから」「多産と安全な出産のため」


というようなことが挙げられます。

<つづく>

記事はFGM廃絶を支援する女たちの会(WAAF)の資料を参考にしています。
http://www.jca.apc.org/~waaf/pages/FGM/FGM.html

Comment

たまたまこのブログを読みました

  • SATO
  • 2008-04-17 20:06
  • edit
はじめまして。
私は大学で法律学を専攻し、主に人権を研究しています。
研究資料を集める際にこのブログを読みました。
FGMについて、私は批判的な立場です。宗教、信仰、文化、風習は守られるべきです。しかし、現在の法という枠組みの中ではやはり人権規約違反だし、世界的な世論も批判的です。
同時に私は文化相対主義も考えたいのです。
FGMが古い風習で、現代には即さないからといって、撲滅させる。これはひとつの文化を抹消してしまうことにもなります。確かに人道的に廃止しなければならないのですが、あらゆる観点から見れば、難しい問題にもなりえます。
それはともかく、私はこのことをブログに書き、世間に知らせてくれたことに感謝したいです。
日本の報道は、芸能人や政治家のスキャンダルばかりで、世界の関心事項には触れてくれません。このような人権問題に、われわれは立ち向かわなければならないのに、その手立てがない。
あなたがこのブログに、資料のように書いてくれたことで、きっと興味を持った人がいるはずです。

ありがとうございました。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR