忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本沈没

こんなに泣いたのはひさしぶりだ!

上映中エンエン泣いていた。

その涙は悲しみではなくて、怒りからこみ上げてきたのだと思う。

だって、東京タワーも大仏も見慣れた渋谷の109も美しい日本の風景も

なにもかもが簡単に壊されちゃうんだもの。

わたしと同じ人種の人間が、まるでいなかったかのように消えちゃうんだもの。

やっぱり海外は反日とか言ってるんだもの。

人がスクリーンで数字になって計算されていくんだもの・・・・・

 

 この映画を観ようと思った理由は二つある。

 一つは、日本映画の技術がどれほど進歩したのか知りたかったから。

わたしはハリウッドの物真似のような邦画が大嫌いだ!

でもこれはその部類には入らないと思う。

迫力はすごくあったし、全然嘘っぽくなかった。

そして丁寧だと思った。

時々でてくるお涙ちょうだいみたいなシーンには萎えたけど。

それにしても、よくやった、とう感じ。

 二つ目は、現在進行形で沈んでいる国ツバルを通して、

「国土沈没」というテーマに興味があったから。

観ておいたほうがよいと思ったのだ。

(ツバルについての記事はこちら→世界が水に沈む日

映画の中で首相が「もしかしたら何もしないほうがよいのかもしれない」

とぼやくシーンがあった。

それを観て、ツバルの人々を思い出した。

彼らは神がなんとかしてくれると本気で考えていて、

ちっとも危機感をもっていないと聞く。

わたしだったら・・

どうだろうか。

天にまかせると開き直るか、人を蹴り落として生き延びるか・・・

どうするのだろう。

 

 それから、最後に、大地真央がスピーチするのだけれど、

あれはIndependence Dayの中で大統領がスピーチするシーンと似ている気がした。

意識したのかな??

でも確かに、自然という脅威と闘い、各国と戦い、

国民ひとりひとりが自分自身と闘ったという意味では、

日本の独立記念日というに相応しいと思った。

 

いろいろ考えさせられる映画だ!

多くの人に観て欲しいな。

日本沈没




最終更新日  2006.07.16 11:15:09

拍手[0回]

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR