忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

市場(スーク)の中の女の子 / 松井彰彦

市場(スーク)の中の女の子


ちょっとだけ、経済の勉強をし直したくて、読もうと思った本。
主人公の女の子、路香が夢?の世界と、現実世界で、市場の仕組みを理解していく。


詳しい感想は以下の通り。

拍手[0回]

はじめは、あぁ、これから、経済理念みたいのが出てくるんだろうな、覚悟して読まなくては!
と、気合を入れるのだが、肝心の、数式がなかなかでてこない。

ひとまず、

需要=供給

と、

(貨幣量M)×(流通速度V)=(物価水準P)×(取引量T)

という法則が、前提になって話が進められているっぽい。

それに、お金は信用、という話。

東京では千円札を受け入れてもらえるけど、ニューヨークでは受け取ってもらえない。

それは、そこに住むみんなが、受け取らないから、みんな受け取らないってこと。
別に、何か確固とした理由があるわけではなく、そういう風にできているっていうこと。
けれど、それに一人が反抗したからって何か変わるわけじゃない。

うーん、これが文化。不思議なことです。


でも、結局それがなんだっていうの・・????

と思いながら読み勧めていくと、最後のほうでだんだん、わかってくる。

この本は、小難しいことは抜きにしてある、人文学。
今までの経済の本とは、かなり趣向が違う感じです。
というか、作者は変えたいのかもしれない。

最後には十字軍やキング牧師や、バベルの塔まで出てきます。

始めはうーん??と思っても、最後まで読み進めれば、経済学の見方が変わってくるかも。

機械でもけだものでもない人間を育てていくことが、あなたたちの「経済学」に求められているのよ


本の森とか、「記憶」とか、言葉がとっても繊細で綺麗です。

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR