忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドラッカーの遺言 / P・F・ドラッカー

ドラッカーの遺言


「20世紀最高の知性」と謳われる経営学のエキスパート、P・F・ドラッカーのインタビュー形式の著書。
この本を残し、ドラッカーは2005年11月11日、96歳の誕生日を一週間に控え、永眠しました。

彼は「知識社会」を定義づけるなどして世界に知られた人物です。

そんな難しそうな言葉はドラッカーの本を読めばいっぱいでてきますが、この本はそんなに難しくありません。

何行かの文章が1ページにある、という感じなのでとても読みやすい。


内容は、やはり最期を意識したのでしょうか・・

経営とか、グローバリズムなど、専門的な話はもちろんでてきますが、全体的に「生き方」を問い直されているような気がしました。

以下はわたしのメモ。

拍手[0回]

*メモ*

超大国がもつ権力ではなく、グローバル化した『情報』によって世界が強固に結びつく時代がやってくる

距離を「ゼロ」にしたのがインターネット。
グローバリゼーションについて語るとき、人は情報について語っている。


金融を基盤とした世界経済から情報を基盤とした世界経済へ。。。


日本の課題は
時代が変わったことを認め、その変化に対応していくための意識改革。

個人のイノベーション。

知識社会は常に学習しなければいけない→保護主義の消滅

戦略を管理する経営構造の確立こそ、知識労働時代の最重要課題。


GMの中興の祖、アルフレッド・P・スローン・ジュニアは、会議を終えるたびにメンバー一人ひとりにメモを渡したという。

そのメモには、
「今日私はこういう話をきいた、我々はこういう内容を話し合った、そして我々はこういう決定を下した」とかかれていた。

部下からメモを受け取ると彼は
「あなたの意見に従って私は決定をこう変えることにした。これが我々の課題である。この課題を達成するための期間は二年間と心得られたし」
というメモを送り返す。

成果を挙げる唯一の方法は
自分の強みを把握すること。弱点は二の次。


いま何を捨てて何を選択し、自己を高めるために何を学ぶべきか

を絶えず問い続けていかなくてはならない

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR