忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビル・ヴィオラの「 はつゆめ」展を観て来た

00.jpg


六本木ヒルズの森美術館へ、bill violaのヴィデオ・アート『はつゆめ』を観にいってきました。

「ビル・ヴィオラ: はつゆめ」展

ヴィデオ・アートというジャンルにそもそも始めて出会ったのですが、衝撃的でした。

ただヴィデオを流すというものじゃないんですね。
その場の空間、時間がヴィデオの中のそれらと同化している感じ。

ちょっと怖い感じもするんだけど、時になんだか、懐かしいものも感じた。
わたしの意識の背後に隠れたわたしの無意識に、触れられたのかなぁ。

※以下は内容について言及します。

拍手[0回]

・はじめに登場する「クロッシング」では、男が後のほうから歩いてきて、止まったと思ったら炎に焼かれる。
歩いてくる時間が長いだけに、焼かれたときはものすごくショックだった。

06.jpg

・次に、何枚もの薄い布にうつしだされる画は、広がったり縮んだり。
森の中でたたずんでいる感じがした。

・タイトルを忘れたけど、四つのスクリーンに囲まれた部屋もすごかった。
なんだかよくわからない瞬間がぐるぐる廻っている。
そしていつの間にか、男の人の声が上から聞こえてくる。
真ん中に立ったら、そばで囁かれているよう。
「imagination Body」みたいなことを言っていたような気がするんだよね。
あれは天使の声なのかな。

・それから、二つのモノクロの画面が向き合っているもの。
下は赤ちゃんのヴィデオ。上はたぶん老人のヴィデオ。
ふたつの間にはどんな時間が流れているんだろうか、と思った。
そして老人の画面から黒い柱がずーっと上まで伸びている。人は死んだらどうなるのだろう。

・『グリーティング』は、三人の女性が挨拶しているというシーン。
色がものすごくきれいだ。
年が結構いっている女の人がかけている赤いストール?は、生き物みたいに揺れ動く。

・『キャサリンの部屋』では、四つの小さなスクリーンがある。
それぞれ多分、四季と時間を表現しているんじゃないかな。
それにしてもキャサリンは、いつだって緊張した顔をしている。なぜだろう。
多分、結構年配の女性だ。

・様々な人種が集まっているところに洪水が流れ込んでくるのは、迫力があった。
『ディープ・インパクト』みたいな恐ろしさだった。

main.jpg

・『オブザーヴァンス/ 見つめる』では、文字通り、ただいろんな人が悲しそうな顔でこっちを見つめてくる。
わたし、死んじゃったのかな・・???(笑?
あまりにも同情されるので、なんだかこっちの世界が偽者なんじゃないか、と感じた。

・やっぱり最後の『ミレニアムの五天使』は凄い。
客に、余裕を与えてくれない。
水ってなんだか不気味だ。美しいんだけど。
ひとつのスクリーンの天使は、上に上がるのだけど、水に吸い込まれていった。

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR