忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウェブ進化論 / 梅田望夫

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

❤❤❤❤❤


ネット世界は混沌としている。
これは昔っからみんなの頭の片隅にあった概念ではなかっただろうか。

けれど近年、秩序が生まれつつあるのを感じる。

促したのは、3つの大変化だ。


この本は、ネット初心者にも是非読んで欲しいなと思う本です。
とても分かりやすく、そしてインターネット社会を展望することができます。

拍手[0回]

インテル創業者ゴードン・ムーアが1965年に提唱した「ムーアの法則」がある。

p10

もともとは「半導体性能は一年半で二倍になる」というシンプルな法則だったものが、現在は広義に「あらゆるIT関連製品のコストは、年率30%から40%で下落していく」という意味に転じた。
その法則によって
下落し続けるハードウェア価格、
オープンソース・ソフトウェアの登場によるソフトウェア無料化、
ブロードバンド普及による回線コストの下落、
検索エンジンのような無償サービスの充実などが生じた。

そして『チープ革命』という概念が生まれる。


次の10年への三大潮流

・インターネット
・チープ革命
・オープンソース


これらがもたらす相乗効果を起こした結果生まれる三大法則


第一法則・神の視点からの世界理解
;不特定多数無限大といっていいほどの顧客が「そのサービスを利用して何をしているのか」についての情報をすべて自動的に収集できる

第二法則・ネット上に作った人間の分身がカネを稼いでくれる新しい経済圏

第三法則・(≒無限大)×(≒無)=something、あるいは、消えて失われていったはずの価値
;リアル世界の発想では「無」だったものが、ヴァーチャル世界では「something」になる。
cf;一円の話



p15
「世界政府っていうものが仮にあるとして、そこで開発しなければならないはずのシステムは全部グーグルで作ろう。それがグーグル開発陣のミッションなんだよね」
グーグルに勤めるわたしの友人はこう言った。

p19
インターネットの真の意味は、不特定多数無限大の人々とのつながりを持つためのコストがほぼ0になったということである。
子供の頃に「1億人の人から1円ずつもらえたら1億円になるなぁ」なんて夢を思い描いたことのある人は多いのではないだろうか。
「1円くれませんか」と人々を訪ね歩けば、かなりの確率で1円ならもらえるとしても、1円貰うための労力・コストが大きいから、リアル世界では非現実な夢想に過ぎなかった。
でも誰かから1円貰うコストが1円よりもずっと小さいとすれば、『不特定多数無限大の人々から1円貰って1円稼ぐ」ネットビジネスは現実味を帯びてくる。

p96
ヤフーとグーグルの競争の背景には、サービスにおける「人間の介在」の意義を巡る発想の違いがある。

p120
10代で「コンピュータの私有」に感動したゲイツ世代は、インターネットの「こちら側」への拘りを今も捨てきれずにいる。
しかし10代で「パソコンの向こう側の無限の世界」に感動したページ/ブリンの世代は、インターネットの「あちら側」に全く新しい創造物を構築しつつある。まさに世代交代のときなのである。
p233
日本という国は「いったん属した組織を一度も辞めたことのない人たち」ばかりの発想で支配されている国であるということを再発見した。


関連記事→大人のたしなみ「ビジネス理論」一夜漬け講座 / 渋井真帆

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR