忍者ブログ

水織 -Today is the first day of the rest of your life.-

きてくれてありがとう。 mizusikiの毎日の発見を、ちょこっとおすそ分け。。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『苦海浄土』 / 石牟礼道子

苦海浄土―わが水俣病
苦海浄土―わが水俣病

水俣の叫び。

拍手[0回]

p63

ふっくりとあざやかな色をした内蔵のきれはしを解剖室にとどめて、彼の遺体を積み込んだ霊柩車が、うそ寒い水俣川の土手を走り去ると、同じくその川土手を、白い晴れ着をはたはたとさせて、笑いさざめく娘らの一団がこぼれるようにやって来た。

p121
彼は実に立派な漁師顔をしていた。
鼻梁の高い頬骨の引き締まった、実に鋭い、切れ長のまなざしをしていた。
ときどきぴくぴくと痙攣する彼の頬の肉には、まだ健康さが少し残っていた。
しかし彼の料の腕と足は、まるで激浪にけずりとられて年輪の中の芯だけ残って陸(おか)に打ち上げられた一本の流木のような工合になっていた。
それでも、骨だけになった彼の腕と両足を、汐風に灼けた肌がぴったりとくるんでいた。

p125
安らかにねむって下さい、などという言葉は、しばしば、生者たちの欺瞞のために使われる。

p158
人間な死ねばまた人間に生まれてくっとじゃろうか。
うちゃやっぱり、ほかのもんに生まれ替わらず、人間に生まれ替わってきたがよか。

185
しかし考えてもみてくだっせ。
わしのように、一生かかって一本釣の舟一艚、かかひとり、わしゃかかひとりを自分のおなごとおもうて―大名様とおもうて祟(うやま)うてきて―それから息子がひとりでけて、それに福ののさりのあって、三人の孫にめぐまれて、家はめかかりのとおりでござすばって、雨の漏ればあしたすぐ修繕するたくわえの銭は無かが、そのうちにゃ、いずれは修繕しいしいして、めかかりの通りに暮らしてきましたばな。
坊さまのいわすとおり、上を見らずに暮らしさえすれば、この上の不足のあろうはずもなか。漁師っちゅうもんはこの上なか仕事でござすばい。

p229
そんならとうちゃん、ゆりが吐きよる息は何の息じゃろか―。
草の吐きよる息じゃろか。
うちは不思議で、ようくゆりば嗅いでみる。やっぱりゆりの匂いするもね。
ゆりの汗じゃの、息の匂いのするもね。
体ばきれいに拭いてやったときには、赤子のときとはまた違う、肌のふくいくしたか匂いするもね。娘のこの匂いじゃとうちは思うがな。
思うて悪かろか―。

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Search

Loading

月日

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
mizusiki
性別:
女性
職業:
戦え!サラリーウーマン
自己紹介:
出来損ないの人間に生まれてから日々成長しています。
好きなことばはインディアンの言葉、
today is a good day for die.
My Profile by iddy

Copyright © 水織 -Today is the first day of the rest of your life.- : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR